医療事務の履歴書1 写真

メモ医療事務の履歴書1 写真

「写真なんて顔がわかればいいんでしょ?」

というスタンスの人もいますが、勿体ありません。

履歴書の写真というのは非常に重要です。
当たり前ですが面接担当が履歴書を見たときに、真っ先に目に飛び込んでくるのが写真です。

では、医療事務さんの履歴書の写真でどういったことを気を付ければよいでしょうか。
一つずつ考えていきましょう。

続きを読む

医療事務が人気の理由6 社会的意義

ひらめき医療事務が人気の理由6 社会的意義

衰えるどころか、どんどん人気が上昇する医療事務
どうして人気があるのでしょうか?

医療事務の仕事には社会的意義があります。
(もちろん、広い意味で言えば社会的な意義のない仕事などありませんが)

医療事務は医師や看護師、レントゲン技師のような国家資格をもつ職業ではありませんが、立派な医療専門職の一つです。

医療機関の一員として受付などで患者さんからお礼を言われたり、元気になる人を見守ることができるのは大きなやりがいですよね。

医療事務が人気の理由5 年齢や性別

ひらめき医療事務が人気の理由5 年齢や性別

衰えるどころか、どんどん人気が上昇する医療事務
どうして人気があるのでしょうか?

5つ目の理由を考えていきましょう。

医療事務の仕事には年齢や性別による格差がありません。

もしかすると医療事務は女性だけというイメージを持っている方もいるかも知れませんが
大きな病院などでは医療事務として男性職員も同じように働いています。

資格はもちろん、知識や経験がものをいう職種です。
医療事務の知識と経験さえあれば年齢や性別を気にせず働くことができます。

医療事務が人気の理由4 復職しやすい

ひらめき医療事務が人気の理由4 復職しやすい

衰えるどころか、どんどん人気が上昇する医療事務
どうして人気があるのでしょうか?

4つ目の理由を考えていきましょう。

医療事務はとても復職がしやすい仕事です。

医療事務の資格があれば、結婚や出産で医療事務の仕事からしばらく離れていても復職しやすいのが大きな魅力の一つでもあります。

医学は日々進歩しますが、
保険点数などに関しては数年でガラッと変わるなどといったことはないことも理由です。

大きな病院などの医療事務として働いている人は
正社員として働いていれば育児休暇などの支援制度が整っているので安心して休養期間と復帰時期を考えることも可能です。

また医療事務として長い期間のブランクのある人も
ユーキャンなどの通信講座を利用すれば家事や育児の合間に資格取得のための勉強ができるので、仕事を復帰しやすいという利点もありますね。

医療事務が人気の理由3 未経験でも働ける

ひらめき医療事務が人気の理由3 未経験でも働ける

衰えるどころか、どんどん人気が上昇する医療事務
どうして人気があるのでしょうか?

3つ目の理由を考えていきましょう。

医療事務は未経験でも資格をとれば働くことができる点です。

以前は未経験、無資格でも働くことができた医療事務ですが
最近では医療事務の知識を証明する資格を取得しなければ就職は難しくなってきました。

昔はここまで医療事務の人気が高くなかったため
資格を持っていない人でも採用されていましたが、今は厳しいでしょう。

逆に言えば医療事務の資格を持っていれば
堂々と履歴書に書いて就職活動をすれば良いということですね。

医療事務の資格に国家試験はないため
民間資格のいくつかの中から必要なものを選び資格をとりますが、この受験資格は特に制限がないため未経験者でも受験できます。
(実務経験などは必要ありません)

大学や専門学校に通わなくても
通信講座や短期の通学講座で勉強して受験できるのは魅力的ですよね。

医療事務が人気の理由2 ライフスタイル

ひらめき医療事務が人気の理由2 ライフスタイル

衰えるどころか、どんどん人気が上昇する医療事務
どうして人気があるのでしょうか?

2つ目の理由を考えていきましょう。

医療事務は勤務体系を自分のライフスタイルに合わせて選ぶことができる点です。
つまり、医療事務求人には、正社員や派遣社員、パートなど様々な形があります。

もちろん、病院の規模や事情によって求人は異なりますが
何と言っても医療事務は求人が多いです。

子どもの学校の時間に合わせたり、
自分のライフスタイルと上手にマッチさせれるのが医療事務です。

医療事務が人気の理由1 どこでも働ける

ひらめき医療事務が人気の理由1 どこでも働ける

衰えるどころか、どんどん人気が上昇する医療事務
どうして人気があるのでしょうか?

一つずつ考えていきましょう。

1つ目の理由としては全国の病院で働くことができる点です。
日本中に病院はあり、どの病院にも医療事務は必要な存在です。

そして医療保険制度は都道府県で違うなどではありません。
日本全国共通であるため、医療事務の知識と経験は全国どこの医療機関でも通用するのです。

夫の転勤などで引っ越した先でも医療事務求人はありますから、仕事先を探しやすいですね。

また、世の中の流れとしては病院の数は増加傾向にあります(地域にもよりますが)ので医療事務の資格や経験が無駄になるということはないでしょう。

就職活動をする前に2 数学

医療事務として就職活動をする前に身につけたいことが何点かあります。

その一つに数学(計算)があげられます。

医療事務の業務の中で必要な、計算などの数学があります。
ただし、医療事務として求められるものは高度な数学ではなく、算数のレベルです。

病院によっては就職試験でも簡単な問題が出題されることがありますが
学校を卒業して暫く、計算などをやっていない人などは簡単な問題集などで復習しておいたほうが良いでしょう。

就職活動をする前に1 一般教養

医療事務として就職活動をする前に身につけたいことが何点かあります。

その一つに一般教養があげられます。

一般教養とは、専門的、職業的教養に対して、広く一般に必要とされる教養のことです。

医療事務はいわば病院の顔です。
患者さんとの会話も考えると、いわゆる「無知」ではダメなのです。

そして
一般教養は、病院などの医療事務の採用試験で、出題されることがあります。
試験以外でも、面接時に、教養を問う質問がされることもよくあります。

では、一般教養を身につけるにはどうしたら良いのでしょうか?

続きを読む

レセプト業務が大事な理由

レセプト業務は非常に大切な仕事です。

このレセプト業務で、一つでも記入ミスや記入漏れがあれば、正しい医療報酬が保険団体から受け取れず、医療機関に不利益をもたらすことになってしまいます。

病院の収入を左右するレセプトですので、この業務にミスは絶対に許されません。

専門学校や通信講座などで、一番最初に行う課題がレセプト作成の問題というところからも、レセプト作成がいかに重要なものかがわかると思います。

さらに言うと・・


続きを読む
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。